So-net無料ブログ作成
検索選択

ダーウィンの日記1832年5月25日 [ダーウィンが行く]

ダーウィンの日記(リオ・デ・ジャネイロ)

[日記仮訳]
(1832年5月)25日
欲しいいくつかのものを調達するために町まで歩いて行き、それからアールおよびダービシャーと合流して一緒にコルコバド[注]に登るために出発した。最初の若干マイルの路は疎水路だ。揚水が丘の麓まで揚げられてから傾斜のある稜線に沿って町に導かれる。各曲がり角で代わる代わるとても美しい光景が私たちの前に繰り広げられた。
ついで私たちは強い傾斜の側面を登り始めた。これが厚い森で覆われた頂上そのものへの一般路だ。水路はすべての植物のうちでもっとも優美な形の木性シダによって縁取られていた。それは大型のものではないが、葉の緑の明るい鮮やかさと先端部の美しい曲線によって、模範的なほどに立派であった。
[注] 標高704m。下の地図参照。現在は頂上付近に8mの台座の上に高さ30mほどのキリスト像が建つが、ダーウィンが行った当時はなかった。

[地図]コルコバドの位置..

縮尺等は適宜変えてください

[日記仮訳(続;最後の数行を省略)]
私たちはやがて頂上に到達し、その眺望を見晴らした。その眺めは、ヨーロッパにおけるいくつかを除いて、世界中で最も有名なものであろう。もしも、もたらす驚きに従って情景を位づけるとすれば、これはかなり確実に高い位置を占めるだろう。だが、もし絵画的な効果によってであれば、その方がより真なのだが、これはこの近傍の多くのものにはるかに及ばない。高い所からの景観というのはその美の多くを失うとみんなが言う。だが、ここには恐らくその点ではまったく[高さが]阻害的とはならない2つの大規模な要因が存在しているのであって、それは森林の土地と外洋の広がりだ。そして展望は良い。 コルコバドは2000フィート[610m]ほどの高さがあり、その片側1000[フィート;305m]ほどは断崖となっていて測鉛を下ろして高さを測れそうなほどである。麓には大きな森があるが、垂直に見た時にそれが与える美しい外見ほど私を喜ばせたものはない。それで風船に乗っての見晴らしはかなり著しいものであるだろうと考えたくなる。
[この後最後のパラグラフ数行では、何年か前にここで身投げがあったことについての記事がありますが、訳は省略します。]

[画像1]現在のコルコバド(ボタフォゴおよびボタフォゴ湾およびシュガーローフを望む)..
corcovado_britannica.jpg
画像出典:Encyclopaedia Britannica

[画像2]当時のコルコバド(ボタフォゴ湾側から望む)..
botafogo.jpg

[画像3]コルコバドからの眺望(南方および東方を望む;1817-1818)..
corcovadoUltimo0.jpg
クリックすると画質の良い画像が見られます。

[注釈]ダーウィンはリオ・デ・ジャネイロにいますが、ビーグル号は25日正午には下の地図の位置にいてバイアからリオに帰りつつあります。
[参考地図]

View Larger Map

[日記原文]
25th
Walked to the city to procure some things which I wanted, then joined Earl & Derbyshire & we proceeded together to ascend the Caucovado. — The path for the few first miles is the Aqueduct; the rising water rises at the base of the hill & is conducted along a sloping ridge to the city. — At every corner alternate & most beautiful views were presented to us. — At length we commenced ascending the steep sides, which are universally to the very summit clothed by a thick forest. — The water-courses were ornamented by that most elegant of all vegetable forms, the tree fern. — they were not of a large size, but in the vividness of the green lightness of the foliage, & in the beautiful curve of head, they were most classically admirable. —
We soon gained the peak & beheld that view, which perhaps excepting those in Europe, is the most celebrated in the world. — If we rank scenery according to the astonishment it produces, this most assuredly occupies the highest place, but if, as is more true, according to the picturesque effect, it falls far short of many in this neighbourhead. — Everybody has remarked that a landscape seen from an eminence loses much of its beauty, & although here the two elements are largely present, which perhaps are least injurious from this cause, viz. an extent of forest land & of open sea, yet the observation holds good. — The Caucovado is about 2000 feet high, one side of it for nearly 1000 is so precipitous, that it might be plumbed with a lead, — at the foot there is a large wood; nothing pleased me so much as the beautiful appearance this presented when seen so nearly vertically. — It would lead one to suppose that the view from a Balloon would be exceedingly striking. — Some years ago a poor insane young woman threw herself from this summit; in few places could a more horrible lovers leap be found. — Our present host, Mr Bolga, was one of the first who found the corps dashed into pieces amongst the trees & rocks. —

["ダーウィンが行く"について]
このシリーズで扱っているのはダーウィンがビーグル号で航海に出ている時の日記です。訳文は私的な研究目的に供するだけの仮のものです。普通は全文を訳しますが日によっては原文全文と注釈または抄訳だけにとどめる場合もあります。ここの日の訳では最後の数行を省略してます。
[日記原典]

タグ:コルコバド
nice!(9)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 9

コメント 1

春分

キリスト像は、一度見てみたいです。いつか見ることがあるでしょうかね。
by 春分 (2008-06-01 20:11) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。